設計から建築までの流れ

設計から建築までの流れ

HOME >  Guide  > 設計から建築までの流れ
  • 建築相談(無料)

    「土地はあるけど、この場所に家は建てられるの?」「住んでる家が古くなって、地震がきたときにちょっと不安・・・。」
     など、皆様のご希望をお伺いし、相談を承ります。その際、建築・改修プラン作成に必要な情報をお伺いさせていただき、大まかな設計案をご提示します。

  • 契 約

    業務の範囲をお決め頂き、設計・監理料の御見積を提出致します。
    見積内容をご確認の上、この段階で正式な御契約をして頂きます。

  • 工期・資金計画

    着工、完成時期に合わせた工程を決定して頂きます。建築費等の概算をし、それに見合う資金調達方法を決定して頂きます。

  • 基本設計

    簡易プランを煮詰めながら基本設計を行います。外観パース等を作成し、
    具体的な建物の形を確認して頂きます。この段階から本格的な設計に入ります。

  • 実施設計

    材料、設備の仕様を含め、細かい部分まで打ち合わせを行い、
    工事に必要な詳細な図面を制作していきます。

  • 各種申請

    役所等に「建築確認」の申請を行います。
    また、都市計画区域によって建築許可や地区計画の届けが必要な場合もあり、建物用途によっては、消防署への届けも必要になります。

  • 工事見積

    施工業者(複数社)、または皆様の指定業者に見積を依頼します。

  • 工事業者決定

    見積内容・仕事の質・会社の状況等を皆様に御報告し、どの業者にすべきかを助言致します。

  • 工事着工

    建物の工事が始まります。

  • 工事監理

    契約書(設計図書)通りに正しく工事されているかをチェックします。
    記録写真などを撮り、皆様に工事の進捗状況をご報告致します。

  • 各種申請

    工事の完成に伴い、役所・消防署等に、建築物を始め付帯する建築設備等の完了検査の申請を行います。
    ※この検査では、主に、法的な立場でチェックを行います。

  • 竣 工

    (11)の検査とは別に、施工業者立ち会いのもと現場にて設計検査を行い、手直し箇所などを改善いたします。
    施主様にも改善内容を確認して頂き、全ての手直し工事が完了した時点で、取扱説明の上お引渡しとなります。